今年ももう半分が過ぎますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

梅雨とはいえ、好天気が続き早くも夏を思わせる熱い日差しに毎日驚かされています。

 

夏といえば、レジャーですよね。みなさま夏のご予定はお決まりですか?

県外に行かれているお子さまや単身赴任に行かれているご主人も戻ってこられるご家庭もあるのではありませんか?

お友達で海や山、プールにゴルフ、ショッピング、ご家族でご旅行や外食やお墓参り…いろいろな楽しい計画の時に確認していただきたいことがあります!

 

自動車保険は今の条件で運転をお願いしたい方が運転することができますか?

 

「なにいってるの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、自動車保険に「運転者限定」や「年齢条件」が付いてはいませんか?

普段、夫婦しか運転しないから…ということで、年齢条件35歳以上、夫婦限定特約付きという契約になっている場合、ご夫婦のみが補償され、同居されているご家族や別居の未婚のお子さまは補償されていません。

 

運転者限定は「本人・配偶者限定」「家族限定」「限定なし」と三つに分かれており、

 

家族限定の「家族」とは、以下の方となります。

(1) 記名被保険者 (※主に車に乗られる方)

(2) (1)の配偶者(内縁も含みます。)

(3) (1)、(2)の同居のご親族

(4) (1)、(2)の別居の婚姻歴のないお子さま ※別居のご結婚されているお子さまは家族限定特約の「ご家族」の範囲外となります。

 

同居のお子さまが免許を新たに取ったので運転できるようにしたいという方は「家族限定」を、別居の既婚のお子さまに運転をお願いしたい時などは、「限定なし」を選んでいただく必要があります。

 

じゃあ、別居の未婚の子どもが帰省する間だけ自動車を運転するので、年齢条件を変えたほうがいい?という方は・・・

別居のお子さまは、未婚、既婚問わず、ご契約の年齢条件に関係なく補償されるので、年齢条件の変更のお手続きをする必要はありません。年齢条件ではなく、運転者の範囲を「家族限定」や「限定なし」に変更する必要がありますね。

※ただし、一時的な帰省でなく同居する場合、年齢条件の見直しが必要になる場合があります。

 

お子さまやお友達、ご親戚の方に運転をお願いしようと思った時に万が一があったとしても補償されていなければ保険に入っている意味がないですよね。

そのようなことがないように、ご加入の自動車保険の契約内容をしっかり確認しておいてくださいね!